=徒然のアルバム=

愛機を携えて、気の向くままに撮った作品を、気ままに掲載している気まぐれオジサン 「HIRO」

穂谷の里、コスモス(8)

山里百選にも選ばれている「穂谷の里」(枚方市)を三年ぶりに訪ねてみました。コスモスの開花の季節でもあり、久しぶりに懐かしい山里の秋の空気に浸りました。数日前の台風14号の影響で、大量の雨にコスモスが打ちのめされていたのが残念でした。11月初めまで楽しめる様です。

f:id:ykssm:20201012114015j:plain

f:id:ykssm:20201012124017j:plain

f:id:ykssm:20201012124839j:plain

f:id:ykssm:20201012120909j:plain

f:id:ykssm:20201012121056j:plain

f:id:ykssm:20201012130314j:plain

f:id:ykssm:20201012130442j:plain

f:id:ykssm:20201012131503j:plain

実りの秋(8)

この所、めっきりと秋めいてきました!お彼岸の真っ最中、そろそろ彼岸花も見頃を迎えているのではと、行きつけの山田池公園に行ってみました。稲穂はもう十分実りの秋を迎えていましたが、彼岸花はまだ蕾のままが結構多く、数日早すぎたようです。少しでも実りの秋の空気を感じていただければ幸いです。

f:id:ykssm:20200920140123j:plain

f:id:ykssm:20200920140347j:plain

f:id:ykssm:20200920142148j:plain

f:id:ykssm:20200920135223j:plain

f:id:ykssm:20200920143326j:plain

f:id:ykssm:20200920141938j:plain

f:id:ykssm:20200920150302j:plain

f:id:ykssm:20200920150402j:plain

真夏の風物詩(11)

連日のコロナ騒動やこの所の猛暑で、ただひたすらホームステイの状態が続き、運動不足やらストレスパンク寸前やらの非日常の生活。これはもう限界と、思い切って適度の運動と一汗をかくべく、比較的暑さの緩い午前中に、近場の山田池公園の撮り歩きを決行。この時期、絵になる題材は少ないが、公園の深い森林のお陰で、適度の運動と心地よい発汗を体感できたことは幸せな半日でした。

公園入口近くの花壇
f:id:ykssm:20200817093515j:plain

鴨の水浴び
f:id:ykssm:20200817100840j:plain

百日紅の庭
f:id:ykssm:20200817100028j:plain

青空に百日紅
f:id:ykssm:20200817101941j:plain

百日紅若木
f:id:ykssm:20200817102254j:plain

オニヤンマ
f:id:ykssm:20200817094403j:plain

f:id:ykssm:20200817113316j:plain

鷺の散歩
f:id:ykssm:20200817112728j:plain

f:id:ykssm:20200817112839j:plain

逆さ浮見堂
f:id:ykssm:20200817104606j:plain

燦然と黄スイレン
f:id:ykssm:20200817110353j:plain

”はるかのひまわり”(12)

ここ4か月以上、コロナ騒動で外出も儘ならず、写真の撮り歩きもご無沙汰で、ネタ不足でした。
やっと少しは自主規制も緩和方向に向かっているようですが、昨今の感染者の発生状況では、まだまだ安心できない不安な雰囲気です。そんな中、25年前の震災による悲しい災害がもとで、明るい未来への種を蒔く話題に出会いました。それが「はるかのひまわり」の写真です。太陽に向かって健気に咲くひまわりの姿を楽しんで下さい。


下記写真(掲示板)を一読ください。

f:id:ykssm:20200629133612j:plain

翠香園町(枚方市)の自治会長さんの音頭により、同好会の皆さんが、この由緒ある種から育てたひまわり(ふれあい公園中央花壇)

f:id:ykssm:20200623103226j:plain

f:id:ykssm:20200623103343j:plain

f:id:ykssm:20200623104235j:plain

f:id:ykssm:20200623104312j:plain

ー上記写真は6月23日撮影ー

ー下記写真は7月5日撮影ー

健気に咲き誇るひまわり
f:id:ykssm:20200705151452j:plain

f:id:ykssm:20200705151024j:plain

f:id:ykssm:20200705151101j:plain

f:id:ykssm:20200705150312j:plain

f:id:ykssm:20200705150720j:plain

f:id:ykssm:20200705145720j:plain
後ろ姿もなかなかのものです!
f:id:ykssm:20200705151952j:plain

近場の山田池公園散策(10)

此の所のコロナウイルス騒動の連日の報道で、迂闊に交通機関での外出もままならず、運動不足やらストレス蓄積やらで悶々としていたが、偶々の快晴日、行き慣れた山田池公園に向かいました。ベニバスモモの花がそろそろ開花する頃と期待しましたが、少し早かったようです。かわりに、満開の河津桜に出会えたのは幸いでした。

河津桜が水面に映えて
f:id:ykssm:20200310102551j:plain

満開の河津桜1
f:id:ykssm:20200310102533j:plain

満開の河津桜2
f:id:ykssm:20200310102504j:plain

河津桜の下、長閑な一時
f:id:ykssm:20200310102443j:plain

橋の上からの河津桜
f:id:ykssm:20200310102415j:plain

メジロも浮かれて
f:id:ykssm:20200310102348j:plain

ベニバスモモの花1
f:id:ykssm:20200310102302j:plain

ベニバスモモの花2
f:id:ykssm:20200310102133j:plain

ベニバスモモの花3(3分咲)
f:id:ykssm:20200310101934j:plain

これにもメジロ
f:id:ykssm:20200310102018j:plain

京都城南宮の神苑(11)

やっと冬眠から目覚め、久しぶりの更新となりました!

2年ぶりに枝垂れ梅で有名な京都城南宮を訪ねました。快晴の平日に恵まれ、その上、今世間を震撼とさせている新型肺炎の騒動もあり、さぞかし、観光客も少なく、ゆっくりと写真撮りが出来わいと車を走らせました。期待は見事に裏切られ、駐車場に入るまでに40分待ち、やっと駐車出来、ほっとしたのも束の間、今度は、入園券を手に入れるのに20分、梅園に入るまで小一時間かかりました。園内は、マスク姿の観光客で一杯、濃厚接触もいいところ、戦々恐々シャッターを押していました。
流石、「方除の大社」、新型肺炎ウイルス、何のそのと云った所か・・・!?
それでも、神苑の春の風に十二分に浸り、癒された一日でした。

神苑の鳥観図
f:id:ykssm:20200223090357j:plain
1.枝垂れ梅の庭
f:id:ykssm:20200221115143j:plain
2.枝垂れ梅の庭
f:id:ykssm:20200221115659j:plain
3枝垂れ梅の庭
f:id:ykssm:20200221120323j:plain
見事な枝垂れ梅
f:id:ykssm:20200221120435j:plain
枝垂れ梅と苔
f:id:ykssm:20200221121725j:plain
落ち椿と枝垂れ梅
f:id:ykssm:20200221122647j:plain
落ち椿と青々とした苔
f:id:ykssm:20200221122048j:plain
高みの見物のメジロ
f:id:ykssm:20200221114955j:plain
梅香に満足なメジロ
f:id:ykssm:20200221121016j:plain
清流にゆらりと緋鯉
f:id:ykssm:20200221123318j:plain

大阪市大理学部付属植物園の散策(6)

半年ぶりに大阪市大理学部付属植物園を訪ねてみました。お目当ては、色鮮やかな銀杏の大木の紅葉でしたが、残念ながら、昨年の台風被害から十分な回復が出来ず、見るも無残な姿で、カメラに収めることが出来ませんでした。しかし、晴天に恵まれ、種々の紅葉は見事な姿を見せてくれました。

山里を偲ばせる植物園遠景
f:id:ykssm:20191129132319j:plain

メタセコアの森と逆光に映えるパンパスグラス
f:id:ykssm:20191129131911j:plain

紅葉一色のメタセコイアの森

f:id:ykssm:20191129133656j:plain

鮮やかに燃える楓と竹林
f:id:ykssm:20191129134543j:plain

緑の中に燃える楓の大木
f:id:ykssm:20191129135232j:plain

2017年の元気な銀杏の大木
f:id:ykssm:20171202143554j:plain