読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

=徒然のアルバム=

愛機を携えて、気の向くままに撮った作品を、気ままに掲載している気まぐれオジサン 「HIRO」

保津峡・清滝を歩く(21)

かねてより訪ねてみたい所として、頭の片隅にあった保津川中流域、桜も終盤を迎えた4月中旬に出かけてみた。初めてのJR保津峡駅下車、降りたのは自分一人だけ。沢山の乗客は皆、亀岡まで行くらしい。ホームから保津峡を見下ろしてみると、結構深い渓谷だ。良い眺めだ!と納得しながら、スマホの地図を頼りに、トロッコ保津峡駅をめざして歩く(10:30)。二三人の先着のカメラマンが居るだけのひっそりとした駅、トロッコ列車(30分~1時間に一本)と保津川下りの船のやってくるのをひたすら待つ。合間を見て持合せの握飯を駅ベンチで頬張る。清らかな空気と景観のせいか、実に美味い!この調子なら嵐山までと歩き始める。やがて東海自然歩道(清滝川沿い)に入る。想像していたより道が悪い(瓦礫混じりの道)、滑らないよう注意しながらゆっくりと歩く。清滝まで4キロ弱の道程なるも、かなり足にきた。やっとの思いで、一文字食堂前のバス停に辿り着いた(14:00)。最早これまでとバスに乗り、後は阪急嵐山駅、帰路に着いた(16:30)。年齢と体力の衰えをあらためて知らされたが、次の機会は、紅葉の時期に今一度来てみたいとの思いを強くした一日でもあった。


JR京都駅➡(電車)➡JR保津峡駅➡(徒歩)➡トロッコ保津峡駅➡(徒歩)➡落合橋➡(東海自然歩道-清滝川沿い)➡清滝(渡猿橋)➡(徒歩)➡一文字屋食堂(バス停)➡(バス)➡大覚寺下車➡(徒歩)➡嵯峨野・嵐山経由➡阪急嵐山駅


JR保津峡駅ホームより保津峡を望む①


JR保津峡駅ホームより保津峡を望む②


保津峡を跨ぐJR保津峡駅ホーム(京都行電車到着)


素朴なJR保津峡駅舎(無人


トロッコ保津峡駅に向かう途中でトロッコ列車遠望


JR保津峡駅遠望(亀岡方面に向う電車)


激流を下る保津峡下り船


トロッコ保津峡駅に架かる橋


ひっそりとしたトロッコ保津峡駅無人)①


ひっそりとしたトロッコ保津峡駅無人)②


トロッコ嵐山駅に向うトロッコ列車


狸の親子が出迎えるトロッコ保津峡駅


二艘連続の保津峡下り①


二艘連続の保津峡下り②


清滝川の合流地点を下る船


清滝川沿いの東海自然歩道(来た道を振り返る)


東海自然歩道(やっと前方に渡猿橋が見えた)


清滝川に架かる渡猿橋


嵐山亀山公園の彩り


嵐山春色遠景